Top / マニュアル / レールと電車 / 信号の設置と機能

信号は、少ない路線数で効率よく、そして見た目良く電車を運行するのに不可欠です。

信号の設置と撤去

基本的な設置と撤去の仕方

  1. まず線路を敷設します。
  2. 信号の設置は下図(図1)の赤い枠で囲まれた左のボタン、

    撤去は左のボタンを押した後、右のボタンをクリックして行います。



    Signals-icon.png

    図1.左の赤枠が設置、右が撤去ボタンです。


  3. 設置:線路上の設置したい位置にカーソルを合わせ、クリックすると、資金を消費して信号が設置されます。

    その際、CTRLキーを押しながらクリックすると、アナログな信号(腕木信号)が設置できます。



    撤去:設置されている信号にカーソルを合わせ、クリックします。撤去はこれで完了します。


  4. 設置した時点では信号は線路の両側に配置されています。(この状態をtwo-way signalと呼びます)

    これを更にクリックする事で、右側のみ、左側のみと配置を変更できます。(これをone-way signalと呼びます)(図2)

signal number.PNG

図2.

また、CTRLキーを押しながらクリックする事で、設置時点のPlain signalから、

pre-signal, exit-signal, combo-signalと切り替える事ができます。(図3)

combo-signalの次はまたPlain signalに戻ります。

Presig2.png

図3.左から順に切り替えられます。

まとめて設置する方法

  1. 最初に信号を設置したい線路上の地点をクリックします。

  2. 線路にそってドラッグし、終点までカーソルを移動します。


  3. マウスを放すと、一定の間隔を取り信号が設置されます。(図4)



    Drag-signals.png

    図4.これは間隔3です。



    この間隔は、メニューバーのオプションボタンからconfigure patchesを呼び出し、

    Constructionの欄のWhen dragging place signals every……の項を調整することで変更できます。

また、ドラッグの起点に既に信号が設置されていた場合、

設置される信号の数(two-wayかone-wayか)はその設置されていた信号と同じになります。

信号のタイプは設置されていた物に関係なくPlainになります。

信号の機能


添付ファイル: filesignal number.PNG 353件 [詳細] fileSignals-icon.png 311件 [詳細] filePresig2.png 373件 [詳細] fileDrag-signals.png 304件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-05-27 (火) 19:25:45 (3222d)