貨物輸送

初期による安定した収入源(要検証)。

自動車による貨物輸送は採算性などにより推奨せず。
逆に船舶は大量に運べるが初期投資が高い場合もあり、海上油田からの輸送あるいは、既存のインフラの補填のみ推奨。
航空機は、維持費が高く増発も難しいので推奨せず。
よって、ある程度の汎用性のある鉄道を推奨する。
なお、貨物輸送については極力専用線を設けず共用する事。

このページでは鉄道を主軸とする。

なお、農場等、複数の生成物が同じ目的地で生産量が少ない場合は混合(種類を)列車を走らせること。
また、変なものも含めすべて表示の項目にある、一般貨物配送先を非対称にしている場合に限りヤード法が可能。

ヤード法とは、かつての国鉄で行われていたものであり操車場で編成を崩し、一両ずつ行先別に組みなおすこと。
幹線沿線に複数の同一産業がある場合は、目的地まで直通させずに貨物を乗せ換えることができる。

<イメージ>
列車1
始発駅→中継点(貨物取扱駅)→終着駅(目的地)
↑ある程度   ↑乗せ換える
余裕を持たせる↑
    支線上の小さな産業

これは、少ない費用で最大効率が出せるので接続産業が小規模な場合に有効である。

産業が比較的大規模な場合は直行便を複数用意し専用線を用意することで莫大な利益を出す事が可能。
なお、専用線を使用する場合は編成を極力長くし編成数を少なくする事で、都市部でも対応可能となる。

以上、宮沢鉄道広報室


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2017-03-27 (月) 21:59:44 (208d)