OpenTTDをインストールする

OpenTTDのダウンロード

まずは、OpenTTDのダウンロードページに行き、インストーラーか圧縮ファイルをダウンロードします。

インストーラーをダウンロードした場合は、起動して画面にしたがって操作します。
圧縮ファイルをダウンロードした場合は、適当な場所に解凍し、以下の手順を踏みます。

  1. OpenGFX(グラフィック)をダウンロードし、OpenTTDのdataフォルダに解凍します。
  2. OpenSFX(サウンド)をダウンロードし、OpenTTDのdataフォルダに解凍します。
  3. OpenMSX(音楽)をダウンロードし、OpenTTDのgmフォルダに解凍します。

※OpenGFX/SFXは、newgrfと同様非圧縮tarファイルであれば解凍せずdataフォルダに置くだけで起動可能です。
※OpenMSXは初回起動に必須ではないので、オンラインコンテンツダウンロードで取得するのも良いかと思います。

これで、OpenTTDがインストールされました。
ですが、快適にプレイするには以下の事もした方がいいでしょう。

言語を日本語にする

OpenTTDは、デフォルトでは英語表記なので、以下の手順で日本語表記にしましょう。

  1. まず、OpenTTDを起動します。
  2. 起動すると、タイトルメニューが出ますので、"Game Options"をクリックします。
  3. 設定画面が出ますので、"Language"のプルダウンリストから"Japanese"を選択します。
  4. これで、日本語表記になりました。

AIの設定をする

OpenTTDには、ver0.7.0から、デフォルトのAIが搭載されていませんので、以下の手順でAIをダウンロードします。

  1. タイトルメニューの、"AIの設定"をクリック。
  2. 設定メニューの下の、"オンラインの項目を確認"をクリック。
  3. AIの一覧が表示されますので、種類が"AI"の項目に、適当にチェックを入れます。
    (この時、AIを動かすのに必要な、"AIライブラリ"の項目も一緒にチェックが入ります。)
  4. チェックをしたら、右下のダウンロードをクリック。
  5. しばらく待つと、AIのダウンロードが完了します。

AIは、全部ダウンロードしても大した容量では無いので、とりあえず全部ダウンロードしとけばいいと思います。

フォントサイズの変更をする。

OpenTTDのフォントはデフォルトだと小さいので、フォントサイズの変更をしましょう。

openttd.cfgの以下の項目を、このように置き変えましょう。(個人的におすすめの設定です。)
openttd.cfgの置き変えは、OpenTTDを終了してからやりましょう。

small_size = 12
medium_size = 12
large_size = 16

openttd.cfgは以下の場所にあります。

Win 2000/XP  : "C:\Documents and Settings\<username>\My Documents\OpenTTD"
Vista/7 : "C:\Users\<username>\Documents\OpenTTD"
Linux   : "~/.openttd"
Mac OS X: "~/Documents/OpenTTD"

ゲームを始める

以上の事が済んだら、早速ゲームを始めてみましょう。

  1. タイトルメニューの"新しいゲーム"をクリックします。
  2. 世界作成画面が出てきますので、適当なパラメータにして、"作成"をクリック。
  3. しばらくすると、ゲームが始まります!
    (ちなみに、ゲーム開始した直後は時間が進んでいます
    上のツールバーにある"一時停止"ボタンを押して、時間を止めておきましょう。)

OpenTTDPortableについて

OpenTTDPortableとは

OpenTTDPortableは、PortableApps.comが公開している、OpenTTDをUSBメモリや外付けハードディスクなどにインストールできるようにしたものです。OpenTTD単体でのインストールも可能ですが、PortableApps.com Platformを使用するとFreeCivといった他のゲーム、アプリのインストール、アップデート、起動等が簡単に行えます。

OpenTTDPortableのダウンロード&インストール

OpenTTDPortableのダウンロードページに行き、インストーラーをダウンロードします。

1. ダウンロードしたインストーラーを起動します。
2. 「日本語」が選択されていることを確認して、OKをクリックします。
3. 「次へ」をクリックします。
4. インストールするフォルダを指定して、「インストール」をクリックします。
5. 無事にインストールされたら、「完了」をクリックします。
   ※OpenGFX、OpenSFX、OpenMSXは、同梱されています。別途ダウンロードする必要はありません。

遊び方

遊び方は、本家OpenTTDと同じです。

OpenTTD.cfgの場所

インストールしたフォルダ/OpenTTDPortable/Data/OpenTTDです。同じフォルダに、
content_dowloadフォルダ、saveフォルダ、scenarioフォルダがあります。

以下は、旧インストール記事。

Top / インストール

インストール方法

0.x 及び 1.x+Original TTD GRF

  1. まずこのへんでプレイに必要なファイル をDLしてきます。
  2. 解凍します。
  3. こちらのDownloadからOpenTTDをダウンロードしてきて、適当な場所に解凍します。

    (インストーラの方は自動で以下の作業をしてくれるので、インストーラのほうをお勧めします。)
  4. 最初に解凍したttd-files.zipの中から

    sample.cat

    trg1r.grf

    trgcr.grf

    trghr.grf

    trgir.grf

    trgtr.grf

    を抜き出してOpenttdのdataフォルダ(共通フォルダ)にコピーします。
  5. 曲も流したい場合はgmフォルダもコピーしましょう。渋い音楽が鳴るようになります。(フォルダを作成してください)
  6. openttd.exeを実行することで、英語版OpenTTDが動くはずです。

    ※ 日本語を表示したい場合はStep.3でのダウンロードを、
    こちらから行ってください。

    落とさなくても日本語化できるようになりました。
    「フォントの変更」をして、
    Game Options→Language「Japanese」を選択で日本語化できます。

1.x+OpenGFX/OpenSFX/OpenMSX

公式サイトよりOpenTTD本体とOpenGFX・OpenSFXをダウンロードし、適宜解凍します。

曲を流したい場合はOpenMSXもダウンロード、解凍します。

※OpenGFX/SFX/MSXは、newgrfと同様非圧縮tarファイルであれば解凍せずdataフォルダに置くだけで良いようです。

適当にOpenTTDを日本語化する方法

  1. OpenTTD Forumなり適当な場所からOpenTTDを落とす
  2. TTDXのgrfを抜き出す
  3. http://r1h2.s153.xrea.com/ttd/up/index.php?dlidx=049を落とす
    • townname_jp.grfはdataディレクトリに
    • misaki_unicode.bdfはopenttd.exeと同じディレクトリに
    • openttd.cfgはopenttd.exeと同じディレクトリ、もしくはC:\Document and Settings\ユーザ名\My Documents\OpenTTDに
  4. openttdを起動
  5. [マニュアル/newgrf]を参考にgrfを追加
  6. [オプション]→[都市名設定]をJapaneseにする
  7. 落とさなくても日本語化できるようになりました。
    「フォントの変更」をして、
    Game Options→Language「Japanese」を選択で日本語化できます。

フォントの変更

openttd.cfg の misc セクションにある small_font, medium_font, large_font
によって、使用するフォント名の指定ができます。

small_font  = MS UI Gothic
medium_font = MS PGothic
large_font  = MS Gothic

※英語名のみ有効(「MS ゴシック」、「MS Pゴシック」等は不可)の模様。

また、フォントファイルを直接指定することもできます。
例えば、Windowsでは次のようにフォントを指定します。

small_font  = c:\windows\fonts\msgothic.ttc
medium_font = c:\windows\fonts\msgothic.ttc
large_font  = c:\windows\fonts\msgothic.ttc

MacOSX 10.1 ~ 10.4.11では次のようにフォントを指定します。

small_font = /System/Library/Fonts/Osaka.dfont
medium_font = /System/Library/Fonts/Osaka.dfont
large_font = /System/Library/Fonts/Osaka.dfont

MacOSX10.5では次のようにフォントを指定します。

small_font = /Library/Fonts/Osaka.dfont
medium_font = /Library/Fonts/Osaka.dfont
large_font = /Library/Fonts/Osaka.dfont

これはMacOSX10.5からの仕様変更によるものです。

MacOSX10.6では次のようにフォントを指定します。

small_font = /Library/Fonts/Osaka.ttf
medium_font = /Library/Fonts/Osaka.ttf
large_font = /Library/Fonts/Osaka.ttf

また、フォントサイズを変更することもできます。
small_size = 8
medium_size = 11
large_size = 16

言語パックの更新

  • 落してきたopenttdに付属のstrgenを使用してください。

    他のstrgenを使用して作成された言語パックには互換性がない可能性があります

日本語を修正する場合はjapanese.txtを変更します。このファイルはutf-8
エンコーディングですので、それに対応したエディタ(sakura, xyzzyなど)が必
要です。オリジナルの英語はenglish.txtです。これを参考に訳してくださ
い。変更後、コマンドプロンプトを起動し、次のように打ち込みます。

strgen.exe japanese.txt

すると、japanese.lngが更新されます。
strgenとenglish.txtは同じフォルダに存在している必要があります。

reference


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-12-09 (水) 19:46:57 (507d)