32bppとは、OpenTTDのフルカラーをサポートしたモードです。
今はフルカラー画像データが少ないために、
サポートされているだけというような状況です。

  • クライアント側だけで影響し、マルチプレイに影響しません。

起動方法

次のどちらかの方法で、フルカラーサポートモードで起動させることができます。
ただし、これだけでは画像データ自体が256色(8bpp)のため、見た目に変化がありません。

  • コマンド実行時にオプションとして指定
    openttd -b 32bpp-optimized
  • openttd.cfgの[misc]セクションに次の設定を追加
    blitter = 32bpp-anim

モードの確認

温暖気候の草原タイルやツールバーなどがあります。
tarファイルをdataディレクトリに入れて、32bppモードで起動してください。

32bpp用の画像の作成

png画像の作成例

画像作成のまとめ

  • pngは32bpp, 16bpp, 8bppのどれでもよい
  • タイル幅は64x31
  • オフセット情報として、pngのテキストチャンク(tEXt)にx_offsとy_offsを追加すること
    • 画像データ本体よりも前になければならない.IDATよりもtEXtが前に来るようにすること
    • ただし、テキストチャンクをサポートしている画像エディタはほとんどない上、画像保存時に消されてしまう
    • 自分で保存後にこれらを追加すること (後でこれを行うツールを提供予定)
  • pngファイルは、次の場所に置く
     data/sprites/GRFファイル名(拡張子を省いたもの)/スプライトID.png
    • tar形式で圧縮してdata以下に配置してもよい
  • 目安として、1スクエアの1辺は12.5mとする。2x2の建物は25x25mとなる

* ツール

  • grfcodec
  • Gimp
  • もじうめ
  • TweakPNG

リンク


トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-05-27 (火) 19:25:33 (3796d)